反応釜の操作とメンテナンス|反応釜の操作とメンテナンス

高圧マイクロ反応釜、ハンドルリフト高圧反応器、マイクロミニ高圧反応釜、解媒の水素化反応釜|

|いち.毎回反応媒質を入れたときには、体を釜に/さん液面、投げ料に終わって柔らかい布ではたくようにしてふききれいシール面に注意して、拭いて掻きシール面に乗せて、釜を締める主ボルト時は力を入れすぎて猛、締付トルクの範囲を超えてはならない規定はちじゅう~120N.M;しかも規定には角分布原則、均匀対称に締めるボルト、分に~さん度を防ぐ込んで悪い密表紙。釜石は2個高圧針型弁、1つの排気弁、1つのサンプリングバルブ(または吸気)、針型の弁は密封して、軽く回す弁針、圧力の針、つまり良好な密封の効果を達成する。|

|に.電源を入れて、開けて回転スイッチ、回転速度から表示、温度を開けてスイッチ、温度設定からによると、必要な温度、加熱してから、回転制御ノブ設定速度。|

|さん。設定温度:▲▼キーを押し加減設定温度、例えば制御精度は理想は全体にすれば、自己整定⊙キーは、全体の時先に温度設定使用温度管理で、更に⊙キー5秒、この数字サーモメーター下りの右下に角表示燈できらめいて離す時で、加熱温度を下げダッシュと三回才能終瞭まで、表示ランプ点滅停止後は全体の定終わりました、その時の温度制御で正常に±;いち℃は、全体の定の過程の中でこの中途退出⊙五秒押しボタン、動かない、直から指示の消燈は名目に。自全体の過程の中でいい人かも看守が、全体からかもしれない実験期間をすることができて、温度設定値の変更はできないので、身だしなみ自分で模索条件を超え、温度設定温度を起こさないように、破損のサンプルに必要でない面倒。|

|よんしよ.つまみ回転速度制御ノブクライス:電機を通じて調節する回転、時計回りに回転数は大きく、逆時計は小さく。|

|ご.毎回仕上げ試験用レンチ対称缷下主ナットを取り出し、釜の蓋、サンプル、相応の媒体で洗い、洗浄反応釜に触らないでください、かじるシール面、シール面に汚れを採用し、相応の媒体を洗浄して柔らかい布で拭く。|

|ろく.安全弁係の爆破式安全バルブ、出荷時はうまく調節、勝手に異動厳禁。|

|ななしち.反応釜表面は清潔を保つ、許さない汚れ、溶剤を殘し、定期検査の各接続件のゆとりがあるかどうか。|

|はち.制御器は通風の場所に置いて乾燥して、定期検査の各接続器ゆとりがあるかどうか、接地が安全かどうかをしっかり。|

|きゅう、く.ユーザーの使用説明書をよく読んだ本設備の前で、操作の不正使用による損失、本摡担当ではない。